齋藤一徳が考える家庭ごみの恐怖

齋藤一徳が考える増える家庭ごみとその処理問題

齋藤一徳が推薦する家庭ごみの処理方法は?

齋藤一徳

家庭で出るゴミをみなさんどんな風に処理しているでしょうか?そのまま、捨てる方やきちんと分別をしているからこそ、生ゴミなどを家庭菜園などの肥料にしている人もいるのではないでしょうか。

 

家庭での処理が上手いほど、かかる費用が実は変わってきます。
ゴミ袋を買わなくてすみますし、ペットボトルなどのプラスチックもしっかりと潰して出せば量を多く出せるにで、その分1枚の袋ですみます。

 

その中で一番のオススメはやはり、生ゴミを自宅で処理するだけで考え方が変わります。例えば、家で処理をするとなると、料理が楽しくなります。作ってでた生ゴミが肥料などになれば、野菜が育ち、また新しく料理に使うことができます。

 

このような循環ができてくると、コンビニなど減るため、ゴミ自体が減ってくるでしょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ